So-net無料ブログ作成

自分のジャズシンガーへの道のりを振り返る! [ジャズ]

生徒を教えていると色々考えさせられます。


で、自分の歌手への道のりを振り返ってみました。


興味あったら読んでね。^^


人前で歌い始めたのは、水島早苗ボーカル研究所で勉強中の大学3年生の頃でした。

ボーカル教室の先輩の紹介で、六本木のとあるピザハウスに毎月2回のペースで出演。

ギャラは、少なかったけどもちろん出てた。

先生には、「まだ仕事なんてだめだからね」と言われてたので、お店で歌ってることはずっと秘密でした。

衣装なんてどんなのを着ていいかもわからず、大学生だから服など買うお金もなく、母親のワンピースなどを着て歌ってたので野暮ったかったでしょうね〜。


大学卒業後、就職はせずジャズボーカルの道に足を踏み入れる。

これは、ボーカル研究所の仲間に影響されました。

ほとんどがプロとしてやってくと決めてましたので。


親の反対はあったけど、気持ちは揺るがず、家を出て独立する。

経済的にもう頼らないことが本当の独立だ!と思ったし、この頃両親との関係は最悪。

出て正解だったと思ってます。


昼間バイト、夜歌いに行く日々。

昼夜働き通しだったせいか、数ヶ月に一回のペースで高熱を出し倒れてました。

でも丈夫だったんでしょうね。

なんとか続けていくことができましたから。


20代は、ただ、ただがむしゃらでした。

今や信じてもらえないかもしれませんが、内向的、極度の人見知りの私。

そんな私が意を決して、友達のシンガーが出てるお店に行き、歌わせてもらったり、

紹介してもらえるお店があれば、一緒に行ってオーディションを受けたたり、、


更に、プロデューサー、オーナー、店長、ブッキングマネージャーに直接電話をし(この頃のツールは電話のみ)、やる気度満々をアピールし出演を請いたり。


負けたくなくて一生懸命。


この頃出演していた有名どころのお店は、新宿J、G7(高田馬場、新宿2店、渋谷、六本木全店)、新橋Swing、新宿カーニバル、などなど。

UCC主催『JAZZVOCAL in GINZA』のMC兼シンガーにも大抜擢されました。


20代は、とにかくなり振り構わず、でした。

そんな私をあまり快く思ってなかった人、いたかもしれません。


でもいいお店で歌いたかった。


若いからなり振り構わずができた。

振り返るとそう思います。


オーディションには、いつも通る訳ではありません。

得た仕事もエンターテイメント性がないと首になったり、何の前触れもなく突然出演数が減らされたり、そんな辛く悔しい思いもしました。


でも社長はじめ、皆さんには意外に可愛がって頂いたような気がします。


30代に入ると、引っ張りだこ。

有名老舗ジャズクラブ、有名ホテルなどに連日出演。


六本木Satin Doll、お茶の水NARU、代々木NARU、銀座Swing City、三田倶楽部、六本木Birdland、六本木Ballentine、帝国ホテル、ホテルニューオータニ、ホテルオークラ、プリンスホテル系統などなど、、。


'97にはジャズボーカル大賞新人賞も頂き、お店からの依頼、ミュージシャンからのお声も増え、超忙しい毎日。


有頂天〜〜。

天狗になって、プライドばかり高かったかもしれません。


しかし、、楽しいと感じて歌ってたかな〜〜?


まだ自分でミュージシャンを選ぶこともできず、お店の決めたメンバーには気の合わない人や愛想悪く恐い雰囲気の人もいて、暗い気持ちになって楽しくない、そんな時もありましたね〜。


今がず〜〜〜っと楽しい〜〜!!

そう思います。


また振り返って、色々検証してみたい(大袈裟ですが)と思います。


コメント(0)